Language:

 

KANAGAWA University Repository >
020 研究紀要等 Bulletin Papers >
国際経営フォーラム International Business and Management Forum >
22巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/9122

タイトル: 日本企業のサプライチェーン構築の課題 -ものづくりの復興に向けて-
著者: 田中, 則仁
Tanaka, Norihito
キーワード: サプライチェーン
ものづくり
部品供給
共通化
国際経営
効率性
発行日: 31-Jul-2011
出版者: 神奈川大学 国際経営研究所
抄録: 東日本大震災は、日本企業のみならず、世界経済へも多大な影響と、多くの教訓を残した。特に、ものづくりの仕組みとして撤密に構築された日本企業のサプライチェーンは、東北地方の生産拠点が影響を受けたことで、多くの企業が生産体制の影響を受け、機能不全に陥った。 日本企業の製品にはこれまで日本国内のみならず世界中の顧客から、高い信頼が寄せられてきた。信頼性の基本は、品質におけるブランドカ、価格は高いが納期は守るなど、その信頼に応える努力が結実したものであった。さらには製造業における組み立てメーカーと部品や部 材の納入を担当するサプライヤーの関係が、この震災を機に再考されることになった。すなわち組み立てメーカーは1次サプライヤーを複数持ち、また1次サプライヤーは複数の2次サプライヤーを持つことで危機管理を行い、危険の分散を図らなければならないと考えるに至っ た。さらにサプライヤー相互で、基幹部品の共通化を図るなど、実際に不測の事態が生じても、必ず部品の供給をバックアップし、サポートできる体制を考えることが重要になった。これらの課題について本稿では具体的な方策を考察した。
内容記述: 特集/企業経営の協働のあり方 -震災後の日本企業復興に向けて-
URI: http://hdl.handle.net/10487/9122
ISSN: 0915-8235
0915-7611
出現コレクション:22巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
国際経営フォーラム22-02.pdf9.5 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください