Language:

 

KANAGAWA University Repository >
020 研究紀要等 Bulletin Papers >
神奈川大学言語研究(神奈川大学言語研究センター) >
31巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/5441

タイトル: ニューカマーとの共生と日本語教育 ―言語計画からの分析―
その他のタイトル: Japanese Education for Newcomers ―An Analysis from the Viewpoint of Language Planning―
著者: 富谷, 玲子
Tomiya, Reiko
キーワード: 日本語教育
言語計画
言語権
ニューカマー
共生
発行日: 10-Mar-2009
出版者: 神奈川大学
抄録: As of 2008, more than two million foreigners live in Japan. We call emigrants who have settled down in Japan since the 1970s “newcomers.”This paper analyses Japanese education for newcomers from the viewpoint of language planning.I have found that today the language planning for newcomers has become an issue of necessity and importance among local governments and volunteers. However,in Japanese teaching the language rights for newcomers has not been keenly noticed yet. In this paper I will show the vagueness of the concept of language planning for them and discuss its necessity for newcomers in Japanese education.
URI: http://hdl.handle.net/10487/5441
ISSN: 0915-3136
出現コレクション:31巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
言語研究 29-48 .pdf492.71 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください