Language:

 

KANAGAWA University Repository >
800 図書館 Kanagawa University library >
貴重書 Rare Books >
h その他 洋書 >

De Arte Gymnastica : [1]

コレクションのホームページ

Logo
 
 
あるいは、ブラウズ     
このコレクションを購読する
《体育論》De arte gimnasticaの著者メルクリアルスGirolamo Mercurialeは1530年中部イタリアのフォルリで生れ、パドヴァ大学で医学を学んだ後、1569年パドヴァ大学医学部教授となり、ボローニャ、ピサ大学で教鞭をとった。メルクリアリスはヒポクラテスの研究者として、ヒポクラテスの作品の翻訳をはじめ多数の著作を残しているが、この「体育論」は彼の代表作品として有名である。「体育論」はメルクリアリスが、ヴァチカンの図書館を調査し、多年の研究の成果として完成させた作品で、古代ギリシャ、ローマの各種の運動競技を集大成するとともに近世の体育論について言及し、古代と近代の体育を一つの線上に結び付けて論じた。当館所蔵書は1601年に刊行された第4版ヴェラム装判と、同じく第4版であるが、メルクリアリスの他の著作で1601年に刊行されたDe Morbis Puercrum とDe Morbis Cutaneisの二つの医学書を合本した現代的な装幀の版で、多くの図版が挿入されている。(神奈川大学貴重書目録『古典逍遥』より)

アイテム表示: 1-1 / 1.

発行日タイトル著者
1601 De Arte Gymnastica Libri Sex, in Quibus Exercitationum Omnium Vetustarum Genera-et ... / Hieronymi Mercurialis. Mercurialis, Hieronymus

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください