Language:

 

KANAGAWA University Repository >
020 研究紀要等 Bulletin Papers >
国際経営論集(神奈川大学経営学部) >
28巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/4153

タイトル: 著作権の侵害的利用と非侵害的利用のいずれもが可能な機器・サービス提供者に対する民事責任論の米国における動向 : Grokster事件控訴裁判決を中心に
その他のタイトル: U. S. Trends in Civil Liability Theories as to Providers of Products or Service capable of both infringing and Noninfringing Uses : Focusing on the Decision by the 9^<th> Cir. in the Grokster Case
著者: 奥邨, 弘司
Okumura, Koji
発行日: 30-Nov-2004
出版者: 神奈川大学
URI: http://hdl.handle.net/10487/4153
ISSN: 0915-7611
出現コレクション:28巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kana-14-28-0001.pdf5.07 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください