Language:

 

KANAGAWA University Repository >
270 日本常民文化研究所 非文字資料研究センター >
a 年報 『非文字資料研究』 >
『非文字資料研究』 第15号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/15274

タイトル: 05 中国膠東地区谷雨節と住民意識の考察 -山東省栄成市鏌鎁島の事例-
その他のタイトル: An observation of The Grain Rain Day and the Residents’ consciousness of Jiaodong Peninsular -take Moye Island in Rongcheng City of Shandong Province as an example-
著者: 姜, 婧
Jiang, Jing
発行日: 30-Sep-2017
出版者: 神奈川大学日本常民文化研究所 非文字資料研究センター
抄録: 中国民俗研究において、現地の住民意識に関するものは極めて少ない。本稿では、山東省栄成市鏌鎁島地区の谷雨節に対する考察を通じ、現地の住民意識を捉えていきたい。 研究方法は文献収集とフィールドワークを中心として行う。筆者は1 年間で何回も調査地に滞在し、観察者の視点で日々調査地の人々の生活を観察してきた。調査地の人々と心深くまで話ができたことを踏まえて、本稿を作成した。 栄成市には、古代から「谷雨,百鱼上岸」ということわざが民間にある。当地における経験のある漁民によると、谷雨になると、黄海の海流で近海には数多い魚が現れるという意味である。谷雨節は、栄成市の漁民たちが谷雨に行うイベントである。 調査地の鏌鎁島は、栄成市東南部に位置している島である。島には伝説、世間話が数多く残っている。なかでも、形が剣のような島であるため、一番有名な伝説は「鏌鎁島は中国神話で春秋時代呉国の鉄工干将により鋳造した鏌鎁島という神剣の化身だ」というものである。鏌鎁島は元々島であったが、干潮の際、島と大陸の間に道が現れる。満潮になると島となる。鏌鎁島は耕地が非常に少なく、漁業が中心産業である。島内の主な信仰として、龍王信仰が盛んである。筆者は何回か調査を重ね、当地の文化に大変興味を抱いた。 調査地において、「谷雨節とは何か」「谷雨節の儀礼は何か」「谷雨節に関して、住民意識はどういった事例があるのであろうか」といったいくつかの疑問について検討をしていきたい。 本稿は、主に二つの部分を含めている。第一部分は鏌鎁島の谷雨節の供え物の準備、時間、儀礼、祭祀人数、過程などの方面を記述する。第二部分は(1)龍王信仰から見る住民意識、(2)龍王廟の復建と住民意識、(3)政府主催の漁民節から見る住民意識、(4)谷雨節の女性活動と住民意識、(5)海洋資源乱開発への不安、という五つの角度から住民意識を論じる。 本稿は未熟な点がある。読者の方には何卒ご指導を賜りたいと考える次第である。
In Chinese Folklore Studies, related research on residents’consciousness is quite limited, as a result, after detailed investigation on The Grain Rain Day of Moye Island in Rongcheng City of Shandong Province, with a deep understanding of sacrificial ceremonies for Loong king, I write this article which mainly focuses on the analysis of the consciousness of local people. This paper is developed using the method of literature review and fieldwork. During the process of many times of investigation within one year, everyday the writer works as an observer to investigate the locals’ daily life and the sacrificial ceremonies. And it is the gradually founded understanding and trust in the process of investigation that helps this research go smoothly. There’s a folk proverb in Rongcheng City goes that when Grain Rain comes, the harvest time of fish also comes, which, according to the local experienced fishermen, is because every when Grain Rain comes, the current of Yellow Sea brings large schools of fish. And the Grain Rain Day is just the time for the local fishermen to hold sea sacrificial ceremonies. Moye Island lies in the southeast of Rongcheng City, whose shape is like a sword. Among the various legends of this island, the most famous one is that Ganjiang, a character in Chinese fairy story, dropped a sword made by himself named ‶Moye" here, and then the sword turned into the island. The Moye Island was at first not connected with land, and at that time, only when the tide ebbed could the so-called road emerge. The farmland on the island is quite limited, so the fishery is its core industry, thus the belief of Loong King of the sea thrives. After several times of investigation, the culture of this island strongly appeals to the author. Then, what is the Grain Rain Day like on the island ? How about the process of the sacrificial ceremonies ? And what are the consciousness of islanders towards the Grain Rain Day ? Questions like this will be discussed in this paper. This essay mainly has two parts. The first part generally elaborates the time, the number of people, the process of the ceremony, etc. of the Grain Rain Day. While the second part discussed the Residents’ sentiments, which is subdivided into five parts as follows : 1. the belief of Loong King of the sea ; 2. the rebuilding of Loong King Miao ; 3. the Fishermen Festival held by local government ; 4. the role of women in the Grain Rain Day ; 5. the anxiety and confusion about the Over-exploitation of marine living resources. If there is any inappropriateness, valuable comments are highly expected. This article is meant mostly as examples for more specific study, and aims to enrich the maritime folklore research.
内容記述: 論文
URI: http://hdl.handle.net/10487/15274
ISSN: 2432-5481
出現コレクション:『非文字資料研究』 第15号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
15-05.pdf2.56 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください