Language:

 

KANAGAWA University Repository >
020 研究紀要等 Bulletin Papers >
神奈川大学言語研究(神奈川大学言語研究センター) >
40巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/15023

タイトル: 動詞-結果補語複合語(VR)と時態
その他のタイトル: Chinese Verb-Resultative Complement (VR) Compounds and Aspects
著者: 横山, 昌子
Yokoyama, Masako
キーワード: VR Compounds
アスペクト特性
時相
時態
進行
発行日: 10-Mar-2018
出版者: 神奈川大学言語研究センター
抄録: This paper discusses aspects involving verb-resultative complement (VR) compounds in Mandavin chinese. On many occasion, VR compounds are used in perfective situations with the perfective suffix – le(了), but never occur with the continuous suffix – zhe(着). And some VR compounds can co-occur with the progressive form zai/zhengzai(在/正在), while the others can not.In this paper, I provide an analysis for such phenomena that concern occurrence of aspect forms in VR compounds: the inherent aspectual properties of VR compounds would restrict aspect forms that VRs can use. If a VR compound takes a [+degree] property, because it has degree to achieve the endpoint, then this can be used in the progressive.
URI: http://hdl.handle.net/10487/15023
ISSN: 0915-3136
出現コレクション:40巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
40-13.pdf1.64 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください