Language:

 

KANAGAWA University Repository >
270 日本常民文化研究所 非文字資料研究センター >
a 年報 『非文字資料研究』 >
『非文字資料研究』 第14号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/14964

タイトル: 20 狐仙信仰と邪症治療 -湖北省丹江口市山村社会の事例を中心に-
その他のタイトル: Huxian Belief and Xiezheng Treatment -Focusing on the case of mountain village society in Danjiangkou, Hubei, China-
著者: 程, 亮
Cheng, Liang
発行日: 20-Mar-2017
出版者: 神奈川大学日本常民文化研究所 非文字資料研究センター
抄録: 狐仙〈Huxian〉信仰は中国北方地域において極めて普遍的な民間信仰の一つである。中国人にとって、狐は古代から身近な動物であった。狐が霊力を持つ生き物と信じられ、やがては狐信仰、狐神信仰、狐仙信仰という伝承となって定着していくのである。現代中国の東北地方や華北地方などの農村部では、今でも狐仙祭祀の事例が報告されている。 筆者は2014 年から2016 年まで、これまで狐仙信仰調査の空白地帯である華中地方に入り、湖北省西北部の山村部において狐仙信仰の現地調査を行った。調査地では、狐仙が家に祀られる理由に邪症〈Xiezheng〉治療と富の増加があげられるが、「病気が治った」という理由で狐仙を祀り始める事例が多い。それは、現地では狐仙の憑依、祟りが邪症の原因と見なされているためである。村人たちは「病気」を「実病〈Shibing〉」と「邪症」に分けて対応する。邪症の原因に、鬼、祖先、神の祟りなどがあるが、狐仙の憑依、祟りがほとんどである。本発表では、湖北省西北部の山村部における邪症治療の実態を報告し、それと狐仙信仰の関係性を明らかにした。 当地における邪症の治療者として、馬子〈Mazi〉、法官〈Faguan〉、端公〈Duangong〉、陰陽仙〈Yinyangxian〉などの民間巫医がある。彼らは邪症の原因を狐仙などの超自然的存在と説明し、邪症の治療を行い、狐仙信仰の伝播者として存在する。 邪症の病者に女性が圧倒的に多い。村社会の女性たちは婚姻、生育、家庭安全などの面で男性より精神的ストレスを受けているため、時には元気も気力も弱くなり、時には熱が出て頭痛し、時には意識障害になる。彼女たちは上述した症状を邪症と認識し、巫医に治療を求める。邪症が治った際、病者は狐仙の信者となり、その信仰の伝播者として存在する。 狐仙信仰は邪症の説明体系として巫医たちによって維持され運用されていると考えられる。また、邪症治療という実践を通じて治療者・巫医と病者・村人の双方によって伝承されている。
Huxian (fox sage) belief is one the most common folk belief systems in northern China. For Chinese people, the fox has from ancient times been a close being. The fox is believed to be an animal that possesses spiritual power and in time the tradition passed down as ‶fox belief", ‶fox god belief" and ‶fox sage belief" began to take hold. Even today, cases of fox worship are reported in the rural villages of Northeast and Northern Regions of China. From 2014-2016, I have researched the central Chinese region, which until now has not been investigated, investigating the fox belief in the mountain villages of the northwest part of Hubei Province. In this area, xiezheng (evil spirit illness) treatment and increased fortune have both been given as reasons for worshiping the fox in homes but ‶my illness was cured" was the more commonly offered reason for beginning to worship the fox. This is because possession by or a curse from a fox is believed to be a cause of the evil spirit illness. The villagers categorize illnesses as either shibing (real illness) or evil spirit illness. Here I report the actual situation of evil spirit illness treatment in the northwest of Hubei Province and make clear its relationship with the fox sage belief. The people who treat evil spirit illnesses in this area are folk shaman doctors, knowns by a number of names such as, Mazi, Faguan, Duangong and Yinyangxian. They explain the source of these evil spirit illnesses as coming from supernatural beings such as the fox sage and in conducting their treatment act as promulgators of fox sage belief. Females far more commonly suffer from evil spirit illnesses. In village society, issues of marriage, childbirth and rearing and looking after the safety of the family mean they receive far more mental stress than men and at times lose their strength energy to the point where they get fevers and/or headaches or even lose consciousness. They consider the above symptoms to be from an evil spirit illness and look to a shaman doctor for treatment. When the evil spirit illness is healed, they become believers in fox sage belief and spread the word of its power. Fox sage belief can be considered to be perpetuated by the shaman doctors who use it as an explanation system of evil spirit illnesses. Also it is passed down between both those who in actuality provide treatment for evil spirit illnesses, the shaman doctors, and the patients, the villagers, in a mutual belief system.
内容記述: 2015年度奨励研究 成果論文
URI: http://hdl.handle.net/10487/14964
ISSN: 2432-5481
出現コレクション:『非文字資料研究』 第14号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
14-20.pdf2.67 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください