Language:

 

KANAGAWA University Repository >
270 日本常民文化研究所 非文字資料研究センター >
a 年報 『非文字資料研究』 >
『非文字資料研究』 第14号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/14911

タイトル: 15 上海南京路上语言景观的百年变迁(补正) -历史社会语言学个案研究-
その他のタイトル: Changes in the Linguistic Landscape of Nanjing Road of Shanghai during the Last 100 Years : A Case Study of Historical Sociolinguistics (A Revised Edition)
著者: 彭, 国跃
Peng, Guoyue
キーワード: 历史社会语言学
语言景观
城市语言
社会因素
威信
発行日: 20-Mar-2017
出版者: 神奈川大学日本常民文化研究所 非文字資料研究センター
抄録: 本文从历史社会语言学的角度,对上海南京路上一百多年间的语言景观进行历时考査。首先我们把南京路上的语言景观分为四个历史阶段 : 第一阶段(清末时期1870~1911)、第二阶段(民国时期1912~1948)、第三阶段(人民共和国前期1949~1976)、第四阶段(人民共和国后期1977~2013),然后根据功能的不同把语言景观分为四个要素 : (1)店名招牌、(2)商业广告、(3)政治标语、(4)公益广告。文中以照片影象为依据,一方面通过宏观分析,展示一百多年来南京路上语言景观从形成、繁荣、动荡到复兴的历史过程 ; 另一方面通过微观分析,追踪同一局部景观的具体変化,掲示政治形势和经济体制等社会因素对语言景观変化的影响。
本論文は、歴史社会言語学の視点から、百年以上にわたって上海南京路に現れた言語景観の通時的変化を考察したものである。まず、映像データに反映された南京路の言語景観の歴史を4つの時期に区分した。第1期(清末期1870~1911年)、第2期(民国期1912~1948年)、第3期(人民共和国前期1949~1976年)、第4期(人民共和国後期1977~2013年)。そして、言語表示の機能により言語景観を次の4つに分類した。(1)店名看板、(2)商業広告、(3)政治的スローガン、(4)公益広告。それから、マクロとミクロという2つの視点から南京路言語景観の形成、繁栄、混乱と復興の歴史的変遷を記述し、言語景観の変化に影響を与えた政治情勢や経済体制などの社会的要因を明らかにした。
内容記述: 個人研究論文
URI: http://hdl.handle.net/10487/14911
ISSN: 2432-5481
出現コレクション:『非文字資料研究』 第14号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
14-15.pdf3.44 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください