Language:

 

KANAGAWA University Repository >
020 研究紀要等 Bulletin Papers >
経済貿易研究 : 研究所年報(神奈川大学経済貿易研究所) >
43号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/14570

タイトル: 新しい「ピューリタン」像について
その他のタイトル: On the new view of ‘Puritans’
著者: 山本, 通
Yamamoto, Toru
キーワード: ピューリタン
ポスト修正主義
イングランド教会
カルヴァン主義
ピューリタン革命
発行日: 25-Mar-2017
出版者: 神奈川大学経済貿易研究所
抄録: かつての歴史学においては、「ピューリタン」は近代化と民主主義の担い手として研究された。しかし、現在のポスト修正主義の歴史学においては、「ピューリタン」は歴史的個体ではなく、時代状況によって変質し変形する概念として捉えられる。「ピューリタン」というあだ名は、エリザベス女王の統治期に始まる。当時のイングランド教会の聖職者の大部分はカルヴァン主義者であったが、カルヴァン主義者の中でも行動様式や思想傾向が熱心で激しい人々が「ピューリタン」と呼ばれた。宗教信仰をめぐる16世紀末以後の国際的緊張の高まりを背景として、チャールズ1世統治期のロード体制への反撥が多くのカルヴァン主義者を反体制運動に駆り立て、大主教W・ロードはすべての反体制派聖職者を「ピューリタン」と呼んだ。さらに1630年代には「ピューリタン」運動の内部でセクト主義者と律法無用主義者が成長してくる。内乱はこのような思想状況を前提として展開した。
内容記述: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10487/14570
ISSN: 0386-5193
出現コレクション:43号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
43-10.pdf1.53 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください