Language:

 

KANAGAWA University Repository >
020 研究紀要等 Bulletin Papers >
心理相談研究 : 神奈川大学心理相談センター紀要  >
第4号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/14516

タイトル: 言語連想検査とコンプレックスについて
その他のタイトル: About Word Association Test and Complex
著者: 翁長, 伸司
Okinaga, Shinji
キーワード: 言語連想検査
コンプレックス
感情
分析心理学
発行日: 31-Mar-2013
出版者: 心理相談センター
抄録: 分析心理学にとって重要な概念の1つであるコンプレックスは,今日では日常用語として用いられ,広く知れ渡っている。日常会話の中でコンプレックスという言葉を用いる場合,否定的なことを意味する言葉として用いられている。しかし,ユング(Jung, C. G.)は,コンプレックスという概念の中に含まれる否定的な側面も認めた上で,そこに人格の発展の可能性という肯定的な側面を見ていたのである。そこで,本論文では,ユングがコンプレックスという概念を考える基礎となった言語連想検査について見ていくことで,ユングが本来述べた意味でのコンプレックスという概念について考えていき,コンプレックスという視点が心理療法などの心理臨床活動において基本的であるが,重要な視点につながることを論じた。
URI: http://hdl.handle.net/10487/14516
ISSN: 2185-5536
出現コレクション:第4号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4-4.pdf5.28 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください