Language:

 

KANAGAWA University Repository >
020 研究紀要等 Bulletin Papers >
国際経営論集(神奈川大学経営学部) >
52巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/14209

タイトル: 国際経営からみた地場産業振興の課題 -今治タオルの復活とブランド戦略-
その他のタイトル: Promotion of Local Industry from an International Business Point of View : A Study of Imabari Towel Industry and Brand Strategy
著者: 田中, 則仁
Tanaka, Norihito
キーワード: 国際経営
地場産業
品質保証
知的財産権
ブランド戦略
今治タオル
発行日: 31-Oct-2016
出版者: 神奈川大学経営学部
抄録: 2016年8月に、第3次安倍政権の第2次改造内閣が発足した。再登場以来4年半になる安倍政権は、内外の課題に取り組んでいるが、地方創生の分野ではまだ目立つた成果が出ていない。全国各地の地場産業や特産品がある中で、それが世界的なブランドとして定着した例は数少ない。その中でも、愛媛県今治市の地場産業であるタオル製造は、長い歴史の中でいくつもの盛衰を経験して世界的なブランドに成長した事例として、特筆できよう。今治タオルが歩んできた道のりは、他の地域産業の振興にとっても大変参考になる。特に、国際経営の視点から、為替変動による価格競争力の低下、それに連動する安い海外製品の流入と国際市場での競争激化。さらにブランド価値を維持するための商標登録とそれをめぐる外国企業や各国政府の特許政策との訴訟事件など、知的財産権の紛争なども避けられない課題である。日本各地の地場産業振興にとって、参考になる事項が多い。さらの今後の課題を検証し、また企業はどのような視点で新たな局面に対応すべきかを考察していく。
内容記述: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10487/14209
ISSN: 0915-7611
出現コレクション:52巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
52-08.pdf6.34 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください