Language:

 

KANAGAWA University Repository >
020 研究紀要等 Bulletin Papers >
神奈川大学言語研究(神奈川大学言語研究センター) >
38巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/13921

タイトル: ベトナム人日本語学習者のシャドーイング音声の変化 -アクセント・イントネーションの分析から-
その他のタイトル: Changes in the “Shadowing Voice” of Vietnamese Learners of Japanese: Through an analysis of accent and intonation
著者: 奥村, 匡子
Okumura, Kyoko
キーワード: ベトナム語
アクセント
イントネーション
シャドーイング
自律学習
発行日: 10-Mar-2016
出版者: 神奈川大学言語研究センター
抄録: It has previously been indicated that shadowing has a beneficial effect on pronunciation in terms of prosody. This study analyzed the speech of Vietnamese learners in terms of changes in their accent and intonation, over a period of four months of shadowing practice. The results demonstrated that: 1) word accents increased in accuracy; 2) the intonation of the ka at the end of interrogative sentences began to be inflected upwards; and 3) the intonation of the yo at the end of sentences expressing transmission of information continued to be expressed as a rising tone, though it is supposed to be a falling tone. It was the shift in focus towards phonetics that assisted Vietnamese learners in achieving overall improvement in their fourmonth period of pronunciation study.
URI: http://hdl.handle.net/10487/13921
ISSN: 0915-3136
出現コレクション:38巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
38-3.pdf648.99 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください