Language:

 

KANAGAWA University Repository >
020 研究紀要等 Bulletin Papers >
国際経営論集(神奈川大学経営学部) >
48巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/12738

タイトル: 変化・転機についての振り返りを通じた異文化適応教育の試み -異文化適応のW型曲線モデルと変化に対処するための4Sモデルを用いて-
その他のタイトル: Reflecting on Past Experiences of Change/Transition as a Means to Increase Intercultural A daptation Competencies: Applying the W-Shape Adjustment Model and the 4 S Model
著者: 河内, 智子
Kawachi, Tomoko
キーワード: 異文化理解
異文化適応
異文化コミュニケーション
カルチャー・ショック
発行日: 31-Oct-2014
出版者: 神奈川大学経営学部
抄録: 本稿は異文化コミュニケーションの授業において、カルチャー・ショック理論についての受講者の理解を促すために、異文化適応における「W型曲線モデル」と変化に対処するための「4Sモデル」を紹介し、両モデルを用いて受講者の過去の異文化体験や転機に直面した際の体験を分析させた試みとその教育的効果について論じる。受講生たちが書いた分析レポートからは、自身の体験に適用することにより彼らが両モデルについて理解を深め、また、過去の体験を客観的・体系的に捉え直すことにより新たな洞察を得た様子が見て取れた。このような振り返り作業と両モデルへの認識は、彼らの将来の異文化体験や転機の克服に資するものであると考えられる。
内容記述: 研究論文
URI: http://hdl.handle.net/10487/12738
ISSN: 0915-7611
出現コレクション:48巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
48-04.pdf1.44 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください