Language:

 

KANAGAWA University Repository >
060 経営学部・経営学研究科 Faculty of Business Administration >
a 学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/11574

タイトル: アルハンブラ宮殿 -イスラム世界における同宮殿の位置付け-
その他のタイトル: El palacio nazarí de la Alhambra en el mundo islámico
著者: 鳥居, 徳敏
Torii, Tokutoshi
発行日: 18-Apr-2011
出版者: スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会
抄録: スペイン南部のグラナダに聳えるアルハンブラはイ スラムの城塞都市である。一般にアルハンブラという場 合、その内部の保存状態の良い旧王宮と離宮『ヘネラリー フェ』を指す。本論でも、アルハンブラ宮殿とはこれら の王宮部を指すこととする。後者離宮の一部は13世紀 末の可能性はあるものの、全般的には14世紀の建設と 想定される。この14世紀のスペインに建設されたアル ハンブラ宮殿はイスラム建築の中でどのような位置にあ るのか、これが本論のテ-マである。 このためには先ず、イスラム建築とはどのような建築 世界であるのかを概観し、その建築をどう捉えるべきか を見る。次に、イスラム世界に遺された宮殿建築の全貌 を眺め、それらとの比較でアルハンブラをどう評価すべ きかを考える。そして最後に、同時期に同類の建築がマ グレブ地域に見られるから、それらの中でアルハンブラ をどう評価すべきかを検討する。 1.イスラム建築の世界は、多様な起源と時代による変 容からなる多彩な建築世界であり、アルハンブラは アル・アンダルスとマグリブ世界の14世紀の建築に 属す。 2.イスラム宮殿の遺構は極めて少ない。特に中世末期 の宮殿としてまとまった遺構は唯一であり、希少価 値がある。かつ、他の宮殿と比較しても、イスラム 圏のなかでもっともイスラム的な宮殿であり、その 芸術性は群を抜いている。 3.マグレブの同時代のイスラム建築と比較すると、同 一様式のなかで最高峰の宮殿と評価できる。 環地中海文化のローマとビザンツの伝統から出発し たスペインのイスラム建築は他のイスラム圏とは異なる 独自の展開を見せた。この最後に結晶化したアルハンブ ラ宮殿はキリスト教徒の手に渡ることにより、中世唯一 のイスラム宮殿として遺され、かつあらゆる意味で絶妙 なバランスの上で成り立つ限界の建築であり、イスラム 圏のみならず、古今東西の歴史建築のなかでも、至宝の 建築と想定される。
La Alhambra de Granada es una ciudad palatina fortificada, sin embargo, cuando se menciona este nombre, es para referirse a la parte relativamente mejor conservada, es decir, al Palacio Viejo y al Generalife.En el presente trabajo también utilizaremos el término Alhambra para referirnos a estos edificios construidos en su mayoría en el siglo XIV, aunque algunas de sus partes pueden ser anteriores a esa época. El tema de este artículo será esclarecer el lugar que ocupan dichos edificios dentro de la arquitectura del mundo islámico.  Con este fin, analizaremos en primer lugar la arquitectura general musulmana con el objeto de averiguar cómo se puede clasificar la arquitectura de la Alhambra dentro de la misma. En segndo, la compararemos con los palacios islámicos que se conocen hoy en día, con la intención de valorarla comparativamente. Y, finalmente, la situaremos en el Magreb, concretamente en el Marruecos de misma época, muy asimilado culturalmente con Al-Andalus, para examinar su valor. 1. La arquitectura musulmana es muy variada debido a sus diversos orígenes y de los diferentes estilos que se han desarrollado según la época. En este sentido, la Alhambra es un perfecto exponente de la arquitectura andaluz-magrebí del siglo XIV. 2. En la actualidad se conservan muy pocos palacios islámicos históricos. La Alhambra es el único caso de un palacio de la Edad Media conservado relativamente completo cuya belleza arquitectónica no es comparable con ningún otro. 3. Es un palacio sublime sin parangón en la arquitectura magrebí del mismo estilo y de la misma época.  En fin, la Alhambra es una arquitectura increíblemente equilibrada en todos los sentidos, hecho que la erige como joya máxima, no sólo en el Islam, sino también en el mundo oriental y occidental.
URI: http://hdl.handle.net/10487/11574
出現コレクション:a 学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
spain12.pdf5.44 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください