Language:

 

KANAGAWA University Repository >
060 経営学部・経営学研究科 Faculty of Business Administration >
a 学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/11573

タイトル: ガウディのデザイン・ソース -ロラン写真集発注用メモ注解-
その他のタイトル: Gaudí,sus fuentes formales -Análisis de su nota para la compra de las fotos de J. Laurent-
著者: 鳥居, 徳敏
TORII, Tokutoshi
発行日: 12-Oct-2006
出版者: スペイン・ラテンアメリカ美術史研究会
抄録: ロラン写真集についてのガウディ・メモは拙著(1983) において初めて取扱われた。その後、ヘスス・イリゴー イェン・ゴメスの解読がバセゴダの大著(1989)に掲載 され、メルカデルもその編著『ガウディ文集』(2002) に自らの解釈を収録した。これら三者の間には少なから ざる部分で不一致が見られることから、この検討を本論 第一の目的とする。 ガウディのオリジナル・メモは数字も解説も乱雑に書 かれ、解読は容易ではない。かつ、ガウディのメモには 誤記の可能性すらある。これを解読するには少なくとも ガウディ・メモ、対応する写真、およびロランの解説等 を比較検討することが必要になろう。幸いにして、この 4半世紀にロランを含むスペインの写真開拓者たちのネ ガ整備が進み、研究も急速に進展した。こうした最近の 整備を基礎に今回の調査が可能となり、十分な検討を加 えることができた。その結果はガウディ・メモとロラン 写真集解説との対照表にまとめられた。これにより各研 究者のミスの他、ガウディ自身の誤記も明らかにされ た。 また、本研究ではロラン写真集の購入方法、写真発注 用のカタログの存在、さらには写真見本帳や委託販売店 の存在が明らかになった。バルセロナにも1879年までに 委託販売店が一ヶ所存在した。そして、このガウディ・ メモの最後に記されている数式115×1.2=136.0に着目 し、最初の115がガウディがメモし、購入予定した写真 枚数、1.2が写真1枚の値段1.2ペセタ、したがって、総 額136ペセタになるという計算であり、さらにその半額 の68ペセタが台紙代、17ペセタが郵送料であろうことが 推測可能となった。 以上のことから、本論のガウディ・メモは、公的機 関、すなわち建築学校や美術アカデミー、あるいはアテ ネオなどの図書館ではなく、委託販売店で、写真見本帳 を見ながら作成された写真購入用のメモであろうと推測 される。写真購入の目的は、選定された写真内容からし て、公的ではなく、私的なオリジナル写真集の編集であ り、ガウディにとってはデザイン・ソースとしての資料 集作りを意味したに違いない。
La nota de Gaudí sobre las fotos de Laurent apareció publicada por prlmera vez en mi libro(1983). Posteriormente, J. Bassegoda publicó en su libro (1989) la interpretación de J. I. Gómez, y, finalmente, L. Mercader presentó la suya en su libro (2002). Entre las tres existen discrepancias, y de ellas trataremos en este trabajo. Por mucho que se intente descifrar las notas orignales de Gaudí, resultará una labor imposible dado que su mala caligrafía las hace casi ilegibles; es más, incluso existe la posibilidad de el mismo autor haya cometido errores. Así, pues, la única manera posible de solucionar este problema será estudiar la nota original comparándola con las reseňas respectivas de Lautent. Afortunadamente, desde el último cuarto del siglo pasado los archivos de los primeros fotógrafos de Espaňa, incluido Laurent, están siendo ordenados con asiduidad, y actualmente, ya son accesibles al público. Gracias a esto, hemos podido examinar detenidamente la nota de Gaudí, cuyo resultado es la lista comparativa de las reseňas de Gaudí y de Laurent que presentamos en trabajo.  Por otra parte, hemos logrado averiguar la forma de compra, los álbumes muestrarios, y los depositarios de las fotos de Laurent en toda la Espaňa y tamabién fuera del país. Igualmenete, y fijándonos en un cálculo que aparece en la última página de la anotación, hemos podido suponer cada una de las cifras: 115 corresponde a las fotos interesadas; 1,2 al precio de cada foto; 136,0 al precio total en pesetas; 68 al del cartón para las 115 fotos, y 17, a los gastos de envío.  Por consiguiente, podemos imaginar que Gaudí anotó las fotos que le intresaban mirando los tomos del álbum muestrario localizado en el depositario de Barcelona, y no en las bibliotecas públicas. Y podemos suponer que Gaudí intentó tener un album de fotos propio que le sirviera como fuente formal para sus futuras creasiónes arquitectónicas y decorativas.
内容記述: 創立10周年記念号
URI: http://hdl.handle.net/10487/11573
出現コレクション:a 学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
spain07.pdf17.3 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください