Language:

 

KANAGAWA University Repository >
020 研究紀要等 Bulletin Papers >
国際経営論集(神奈川大学経営学部) >
45巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/11549

タイトル: ボールゲームにおける個人戦術のスポーツ運動学的研究 -バスケットボールゲームにおけるミスプレイに着目して-
その他のタイトル: Untersuchung von der Bewegungslehre des Sports fϋr die Einzelntaktik des Kugelspiel
著者: 森田, 重貴
Morita, Shigeki
嶋谷, 誠司
Shimatani, Seiji
発行日: 31-Mar-2013
出版者: 神奈川大学経営学部
抄録: 本研究では、ターンオーバーを多発するチームにおいて、フリーランスオフェンスの攻撃法を用い、バスケットボールの攻撃における個人戦術のパスをすべきかドリブルをすべきかに着目し、ボール保持者の次のプレーが「パス」か「ドリブル」かという選択について、状況に適合した選択行動を適切に行えないバスケットボールプレイヤーにおいて、ターンオーバーの減少させるための戦術行動の課題を明確にしようとした。そこで、適切に次のプレーを選択させる方法として、ディーン・スミス氏の考案したフリーランスオフェンスの考え方を簡素化したものを図式化し、〝行動規範のトレーニングチャート〟とし、また〝行動規範のトレーニングチャート〟から実践トレーニングを作成し、トレーニング群とコントロール群の二つのグループに〝行動規範のトレーニング実践〟を行い、その効果を観察した。 結果として、トレーニング群はターンオーバーの減少や行動規範に沿わない選択が減少するなどの効果が見られた。
内容記述: 研究論文
URI: http://hdl.handle.net/10487/11549
ISSN: 0915-7611
出現コレクション:45巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
45-09.pdf2.24 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください