Language:

 

KANAGAWA University Repository >
100 理学部・理学研究科 Faculty of Science >
科学研究費補助金 成果報告書 >
ポリ塩酸の欠損部位を新しい化学反応空間とした種々の機能性ポリ酸塩の構築(課題番号:18550062) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/11383

タイトル: ポリ塩酸の欠損部位を新しい化学反応空間とした種々の機能性ポリ酸塩の構築
その他のタイトル: Synthesis of Novel Functionalized Polyoxometalates Utilizing Chemical Reaction Fields of the Lacunary Species
著者: 野宮, 健司
Nomiya, Kenji
発行日: 15-Jun-2009
引用: 科学研究費補助金研究成果報告書「ポリ塩酸の欠損部位を新しい化学反応空間とした種々の機能性ポリ酸塩の構築」
抄録: 分子性の金属酸化物クラスターであるポリ酸塩(polyoxometalate)の欠損種を用い、表面塩基性度が比較的高い欠損部位を新しい化学反応空間として利用して、これまでに知られていなかった構成美および触媒機能を有するポリ酸塩の合成を行った。とくにエネルギー環境問題対応の触媒に利用できる第4属元素(チタン、ジルコニウム、ハフニウム)含有ポリ酸塩やポリ酸塩触媒の固定化に利用できる無機-有機ハイブリッド型ポリ酸塩などを合成した。
内容記述: 平成18年度~平成20年度科学研究費補助金[基盤研究 (C)](課題番号:18550062)
URI: http://hdl.handle.net/10487/11383
出現コレクション:ポリ塩酸の欠損部位を新しい化学反応空間とした種々の機能性ポリ酸塩の構築(課題番号:18550062)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
18550062seika.pdf78.25 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください