Language:

 

KANAGAWA University Repository >
050 経済学部・経済学研究科 Faculty of Economics・Graduate School of Economics  >
科学研究費補助金 成果報告書 >
日本の住宅金融市場における信用割当と家計の持家取得行動(課題番号:19530191) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/11376

タイトル: 日本の住宅金融市場における信用割当と家計の持家取得行動
その他のタイトル: Credit rationing and housing purchase decision by a household in Japan
著者: 森泉, 陽子
Moriizumi, Yoko
発行日: 18-May-2009
引用: 科学研究費補助金研究成果報告書「日本の住宅金融市場における信用割当と家計の持家取得行動」
抄録: 信用割当が住宅取得行動へ及ぼす影響には、大きく2つある。購入する住宅の質の低下させることと購入時期を遅らせることである。後者は景気浮揚と関連する。これらの効果はともに著しく大きいと推定された。また信用割当の存在は、現存の住宅の質にも維持・修繕行動を通して影響を及ぼす。家計は景気が悪いとき、所得低下に伴う消費減少をバッファーするために、これらの支出を抑制するが、このバッファー効果が強いと質を保持することができない。日本においても、この効果は無視できなかった。信用割当による住宅質の悪化、住宅による景気浮揚効果の低下が懸念される。
内容記述: 平成19年度~平成20年度科学研究費補助金(基盤研究(C))(題番号:19530191)
URI: http://hdl.handle.net/10487/11376
出現コレクション:日本の住宅金融市場における信用割当と家計の持家取得行動(課題番号:19530191)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
19530191seika.pdf49.09 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください