Language:

 

KANAGAWA University Repository >
110 工学部・工学研究科 Facuity of Engineering,Graduate School of Engieering >
科学研究費補助金 成果報告書 >
動的共有結合化学を利用したラダー型環状化合物の合成とその特異的機能(課題番号:18681015) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/11369

タイトル: 動的共有結合化学を利用したラダー型環状化合物の合成とその特異的機能
その他のタイトル: Synthesis and Particular Property of Ladder-Type Cyclic Compounds Based on the Dynamic Covalent Chemistry
著者: 工藤, 宏人
Kudo, Hiroto
発行日: 25-Jun-2009
引用: 科学研究費補助金研究成果報告書「動的共有結合化学を利用したラダー型環状化合物の合成とその特異的機能」
抄録: レゾルシノールと1,5-ペンンタンジアールの縮合反応により、ラダー型環状オリゴマーが選択的に合成されることを見出し、動的共有結合化学反応システムに基づくことを明らかにした。その構造をnoria(ノーリア =水車:ラテン語)と命名した。ノーリアは、ルビジウムを選択的に包接することが判明した。さらに、この反応システムを他のアルカンジアールに適応したところ、遇奇効果が存在することが判明し、選択的ラダーポリマーの新しい合成法をも見出した。合成したnoriaの水酸基に光脱保護反応性基を導入し、電子線(EB)レジストおよび、極端紫外線(EUV)レジスト特性について検討した結果、26 ~ 70 nmまでの高解像度が得られることが判明した。これらのことは、次世代レジスト材料として有用であることを示した。
内容記述: 平成18年度~平成20年度科学研究費補助金(若手研究(A))(課題番号:18681015)
URI: http://hdl.handle.net/10487/11369
出現コレクション:動的共有結合化学を利用したラダー型環状化合物の合成とその特異的機能(課題番号:18681015)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
18681015seika.pdf233.59 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください