Language:

 

KANAGAWA University Repository >
020 研究紀要等 Bulletin Papers >
神奈川ロージャーナル(神奈川大学大学院法務研究科) >
01号(創刊号) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10487/10707

タイトル: 背信的悪意者排除論に関する判例の検討(最判平成10年2月13日民集52巻1号65頁 最判平成18年1月17日民集60巻1号27頁)
その他のタイトル: Lehre vom Ausschluss des dosglaubigen (treuwidrigen) Dritten
著者: 田口, 勉
Taguchi, Tsutomu
発行日: 24-Dec-2008
出版者: 神奈川大学大学院法務研究科
内容記述: 判例評釈
URI: http://hdl.handle.net/10487/10707
出現コレクション:01号(創刊号)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
LawJ1-14.pdf7.82 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください